第20課 生き生きする信仰 (2014.11.19)

1.生き生きする信仰生活を送るためには

初めてイエス・キリストを信じて救われた時、多くの人は、心の中が喜びで満たされるので教会に行く日を指折り数えて待ち、出会う人ごとに一生懸命福音を証しします。しかし、時間が過ぎれば、徐々に救いの感激と喜びが消え去り、信仰の熱気も冷める場合が多々あります。では、私たちは、どうすれば持続的に生き生きする信仰生活を送ることができるでしょうか?
まず、聖霊充満を受けなければなりません。私たちが聖霊充満になれば、生き生きする信仰生活を送ることができます。使徒パウロは、エペソ教会の聖徒たちに『信じたとき、聖霊を受けましたか?』(使徒19:2)と尋ねました。私たちが聖霊充満を受ければ、エルサレムとユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで主の証人になることができます。それだけでなく、私たちが聖霊充満を受ければ、罪に打ち勝ち、勝利する信仰生活を送れるようになります。ゼカリヤ4章6節を見れば、『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって』と記されています。
また、私たちが生き生きする信仰生活を送るためには、分け与える人生を生きなければなりません。ルカ6章38節を見れば、『与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです』と記されています。ですから、私たちがたくさん受けても、少なく受けても、私たちの受けたものを他の人に分け与える人生を生きる時、生き生きする信仰生活を送ることができるのです。

2.分け与える信仰

今日、イエス・キリストを信じると言いながらも、気が落ち込み、絶望の中で生きている人々がたくさんいます。では、私たちがこのような人々をどのように助けることができるのでしょうか?
一番目、彼らがキリストにあって価値のある人であることを伝えなければなりません。今日、生存競争がし烈な社会の中で敗北し、「私は誰にも尊敬されない存在」と考え、自ら絶望に直面して生きているクリスチャンがたくさんいます。しかし、神様はそのように見られません。神様は、創世の前からキリストにあって私たちを選ばれ、私たちを愛の中で、また御前で聖く、傷のない者として下さったからです。(エペソ1:4)ですから、私たちは信仰生活を送りながら、落ち込んでいる人々を訪れて、「世の中があなたを知ってくれなくても、神様はあなたを価値ある人として思われています」と慰めて勇気を与えてあげなければなりません。
二番目、彼らが神様の愛を悟れるように助けなければなりません。今日、数多くの人々が神様の愛を失ったまま絶望の中で生きています。ですから、私たちは彼らを訪れて、「神様は、ひとり子イエス・キリストを与えられるほど、あなたを愛されています。世の人々がみんなあなたを捨てても、神様はあなたを捨てられません」と言うことで彼らが神様の愛を悟れるように助けなければなりません。
三番目、彼らが天国に対する希望を持てるように助けなければなりません。今日、多くの人々が、明日に対する希望を失ったまま生きています。私たちは、このような人々を訪れて、イエス・キリストを信じれば、この世だけでなく、永遠の天国でも祝福を受けることできると伝えなければなりません。

3.成功的な人生の秘訣を分け与えましょう

キリストにあって成功的な人生とは、たましいが幸いを得ているように、全ての点でも幸いを得て、健康で、命を豊かに得る人生だと言うことができます。(Ⅲヨハネ1:2;ヨハネ10:10)ですから、たましいが幸いを得る秘訣を、私たちは人々に教えなければなりません。たましいが幸いを得るためには、イエス・キリストを信じて罪の赦しを受け、全てにおいて主の御心に従順する人生を生きなければならないことを、私たちは人々に教えなければなりません。それだけでなく、全ての点においても幸いを得る秘訣も教えなければなりません。
今日、多くの人々は「私は呪われた人生だ」という呪い意識を持って生きています。しかし、神様は、全ての人が呪いから解放されて生きることを願われます。ガラテヤ3章13節を見れば、『キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。なぜなら、「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と書いてあるからです』と記されています。また、Ⅱコリント8章9節には、『あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです』と記されています。ですから、私たちはキリストにある「富む意識」を持つよう、人々に教えなければなりません。
また、私たちは健康になる秘訣を教えなければなりません。Ⅰペテロ2章24節を見れば、『キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです』と記されています。ですから、私たちは、主が打ち傷によって私たちの全ての病気をみな背負われたということを教えなければならないのです。
この世の人々は、自分が持つものを分け与えるよりは、握りしめることで幸せな人生を生きられると思っています。しかし、天国の法則はそうではありません。私たちの持っているものを神様に捧げて、また他の人々に分け与える人生を生きる時、まことの幸せを受けるようになるのです。私たちが分け与える人生を生きる時、ガリラヤ湖のように生き生きする信仰生活を送ることができます。しかし、私たちがしっかりと握りしめようとするのならば、死海のように死んだ信仰になってしまいます。ですから、私たちは天国の法則に従って、人々に成功的な人生の秘訣を分け与える人生を生きなければなりません。

◎聖書研究
1.私たちは、どうすれば持続的に生き生きする信仰生活を送ることができますか?(勉強する内容)
2.イエス・キリストを信じると言いながらも、絶望の中で生きている人々を助ける方法は何でしょうか?(勉強する内容)

◎交わりと適用
1.私たちが持っているものの中で、何が隣人と分けることができるか、お互いに話してみましょう。
2.あなたの助けを必要としている人は誰ですか? あなたがその人のためにするべきことは何ですか?