第23課 感謝する人、幸せな人 (2015.6.10)

1.つぶやきと不平

つぶやきと不平は、サタンの作戦第1号です。サタンは、つぶやきと不平を通して、私たちの人生を破壊します。つぶやきと不平は、神様に対する不信仰と反逆行為です。アダムとエバが神様に反逆する罪を犯すようになったのは、まさにつぶやきと不平です。ある日、サタンがエバに訪れて、『あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか』(創世記3:1)と尋ねました。この言葉の中には、サタンがエバにつぶやきと不平を植えようとする思いが含まれています。サタンの質問にエバは、『私たちは、園にある木の実を食べてよいのです。しかし、園の中央にある木の実について、神は、「あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ」と仰せになりました』(創世記3:2~3)と答えました。すると、サタンはまたエバに『あなたがたがそれを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っているのです』(創世記3:5)と、つぶやきと不平を植える言葉を言いました。エバはこの言葉を聞いて、心の中につぶやきと不平が満ち、神様が禁じられた木の実を取って食べ、アダムにも与えて食べさせました。その結果、アダムとエバは神様から呪いを受けて、エデンの園から追い出されてしまったのです。今日、私たちも無いものを見つめ、つぶやきや不平を言い始めたら、サタンの作戦第1号に引っかかってしまいます。ですから、私たちは無いものを見つめ、不平を言う不幸な人生を生きてはいけません。

2.感謝する人生

つぶやきや不平に打ち勝つ良い方法の中の一つは、感謝する人生を生きることです。では、私たちがどうすれば、感謝する人生を生きることができるのでしょうか?
一番目、イエス様の十字架の下に進めば、感謝する人生を生きることができます。イエス様は、罪に陥った私たちを救われようと、十字架で体を引き裂かれ、血を流されて死なれました。この十字架を通して、神様は私たちに、五重の福音と三重の祝福を注いで下さいます。したがって、私たちがイエス様の十字架の下に進めば、感謝する人生を生きることができるのです。
二番目、私たちの人生の明るい面を拡大すれば、感謝する人生を生きることができます。私たちの人生は、明るい面もあり、暗い面もあります。したがって、私たちは暗い面を拡大せず、明るい面を拡大しなければなりません。私たちが明るい面を拡大すれば、感謝する人生を生きることができます。
三番目、肯定的、創造的な言葉を話せば、感謝する人生を生きることができます。私たちの言葉は、環境に影響を及ぼします。私たちが破壊的、否定的な言葉を話せば、不幸な環境に置かれます。
小さな火が多くの木を燃やすように、私たちの破壊的、否定的な言葉が、私たちの人生の幸せを燃やすこともあります。(ヤコブ3:5~6)しかし、私たちが肯定的、創造的な言葉を話せば、清く明るく輝かしい人生を生きることができるのです。
四番目、友達を上手に選べば、感謝する人生を生きることができます。人は、誰でも友達の影響を受けるからです。しかし、世の中には友達を間違って選んだ結果、不幸な人生を生きる人が多くいます。したがって、私たちは悪い友達は遠ざけ、良い友達に近づかなければなりません。Ⅰコリント15章33節を見れば、『友達が悪ければ、良い習慣がそこなわれます』と記されています。

3.感謝と幸せな人生

私たちが他人を成功させれば、その祝福が私たちにも返ってきます。イエス様は、『与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです』(ルカ6:38)と告げられました。もちろん、私たちが他人を成功させても、裏切られることがあるかもしれません。しかし、人は私たちを裏切っても、全知全能なる神様は、必ず私たちが植えたとおりに返して下さいます。したがって、私たちは他人から受けた恵みを仇として返さず、必ず感謝で報わなければなりません。感謝は神様をあがめます。聖書には、『感謝のいけにえをささげる人は、わたしをあがめよう。その道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せよう』(詩篇50:23)と記録しています。
また、感謝はサタンの勢力を破壊します。サタンはあらゆる手段で、人々をつぶやきや不平のわなにかけ、盗み、殺し、滅ぼそうと、あらゆる努力を尽くします。しかし、私たちがすべてのことに感謝すれば、サタンは私たちを一つの道から攻撃しても、私たちの前から七つの道に逃げ去ってしまうのです。(申命記28:7)
また、感謝は私たちに信仰と従順をもたらせます。つぶやきや不平の実が不信仰と反逆ならば、感謝と賛美の実は信仰と従順です。したがって、私たちがすべてのことに感謝すれば、神様の善良な心が現れ、私たちがどんな環境に置かれても勝利することができます。
それだけでなく、感謝は肯定的な人生を生きることができるようにします。つぶやきや不平は私たちの人生を破壊しますが、感謝と賛美は人生を明るくし、喜びに満たされます。これにより、私たちがすべてのことに感謝すれば、肯定的な姿勢で人生を生きることができるようになるのです。私たちが常に夢を見て、期待して信じることが、私たちの現実に現れるようになります。したがって、私たちが常につぶやき、不平を言う夢を見れば、現実でもつぶやき、不平を言うことになります。しかし、私たちが常に感謝することを考える夢を見れば、現実でも感謝し、勝利するのです。未来に何があるか、私たちはわかりません。しかし、私たちの前にどんなことが起こっても、私たちが神様に感謝して賛美すれば、さらに幸せな人生を生きることができるのです。

◎聖書研究
1.私たちは、どうすれば感謝する人生を生きることができるのでしょうか?(勉強する内容)
2.感謝は、どのような結果をもたらせますか?(勉強する内容)

◎交わりと適用
1.私たちの人生の中でつぶやき、不平を言った時と、感謝して賛美した時の結果を比べて話してみましょう。
2.あなたは、いつも感謝と賛美をしていますか? 逆に、つぶやきと不平を言っていますか?