第19課 永遠の宝 (2015.5.13)

1.偉大な人生と夢

聖書には、啓示すなわち夢がなければ、民はほしいままにふるまう、と記されています。(箴言29:18)また、「虫の目を持った民族は滅びるが、鷲の目を持った民族は栄える」という西洋のことわざもあります。これは、心の中に夢がない人は、明日を創造することができない、という意味を示します。聖書に出てくる偉大な信仰の人物たちは、すべて大きな夢を持った人々でした。信仰の先祖アブラハムは、『そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる(創12:2)』と言われた神様の約束を信じ、輝かしい夢を見るようになりました。その結果、彼は大いなる国民とされ、彼の名が大いなるものとなり、祝福の泉として、イスラエル民族の先祖になりました。また、モーセは、『イスラエルの民をエジプトから連れ出し、アブラハムとイサクとヤコブに約束したカナンの地に導くように』という神様の命令を聞きました。この時からモーセは輝かしい夢を見て、ついにはイスラエルの民をエジプトから救出する偉大な指導者になりました。では、どうすれば私たちが偉大な夢を見ることができるのでしょうか?
一番目、神様との出会いを通して、偉大な夢を見ることができます。罪の中で生きて来た私たちが、イエス・キリストを救い主として受け入れ、罪の赦しを受ければ、神様と出会う体験をします。そして、神様との出会いが成されたら、神様は私たちに天国の夢を植えて下さり、私たちの心の中に偉大な夢が生じるようになります。
二番目、聖霊充満を受ければ、偉大な夢を見ることができます。ヨエル2章28節を見れば、『その後、わたしは、わたしの霊をすべての人に注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、年寄りは夢を見、若い男は幻を見る』と記録されています。これにより、私たちが神様の御霊によって充満になれば、幻を見て夢を見るようになります。
三番目、神様の御言葉を通して、偉大な夢を見ることができます。聖霊によって燃え上がる夢は、神様の御言葉を黙想すればするほど、もっと明確になり、力強く燃え上がるようになります。このように、私たちが心の中に夢を身ごもれば、その夢が私たちの人生を変えるようになるのです。

2.偉大な信仰

私たちが信仰によって生きるために主の御言葉を聞けば、聖霊様は私たちに信仰を賜物として与えます。この信仰の力より偉大な力は、世の中にありません。したがって、私たちがこの世で生きる間、聖霊様が与えた信仰を持って進めば、私たちの運命と環境が変わるのです。アブラハムは、年が百歳になって自分の体が死んだも同然であり、サラの胎が死んでいることを認めても、信仰は弱まりませんでした。彼は年老いているにもかかわらず、神様の約束を疑わないで信仰がますます強くなって、神様に栄光を帰しました。神様に約束されたことを成就する力があることを堅く信じました。(ローマ4:19~21)その結果、神様の奇跡が起こり、イサクが生まれました。
このように、神様の約束を疑わず、堅く信頼することが信仰です。したがって、私たちがアブラハムのように、無いものをあるもののようにされる神様の奇跡的な働きを信じる時、私たちの環境を変えることができるのです。神様の奇跡的な働きを堅く信じたならば、私たちは祈らなければなりません。私たちの心の中に平安が生じ、無いものをあるもののように考え、確信できるまで祈らなければなりません。このような信仰の段階に到達すれば、その時から私たちの信仰は、生命力を持つようになります。私たちがこのような信仰を持って大胆に実践する時、私たちの人生に偉大な事が起こるようになるのです。

3.偉大な愛

愛は、永遠な宝の中の宝です。聖書には、『神は愛です(Ⅰヨハネ4:16)』と記されています。私たちの肉体は水と糧を食べて生きますが、私たちの内なる人は愛を食べて生きます。したがって、個人や家庭、そして共同体や国家が維持されるためには、愛がなければなりません。世の中で大きな犯罪をした人々を見れば、多くが成長過程で十分な愛を受けなかった人々であることがわかります。愛の欠乏症にかかった人々が幸せな人生を生きることは、非常に困難です。愛の中で基本的なことは、自分を愛することです。今日、多くの人々が、心の苦い根と傷によって自分を信じられず、尊重できず、かえって自虐的に生きます。そして、委縮され自信感を失い、自分はどうしようもない存在だ、という歪曲された自画像を持って生きる人々が、あまりにも多くいます。
しかし、それは誤った人生です。私たちが罪を犯したにもかかわらず、みにくい姿であるにもかかわらず、捨てられても当然であるにもかかわらず、イエス・キリストの十字架を通して、神様に赦しと愛を受ければ、自分が尊い存在である事実を発見できるようになります。すると、私たちは自分を愛することができるようになります。私たちが神様に認められ、愛を受ける存在である事実を悟り、自分自身を愛すれば、人生の中で幸せが泉のように湧き上がります。
このように、私たちがイエス・キリストにあって自分自身を正しく愛する時、自分を理解し、同情し、愛を施すことができます。したがって、自分を愛さない人は、他人を本当に愛することはできないのです。私たちが自分を愛し、隣人に愛を施せば、私たちの人生はもっと潤うようになります。すなわち、私たちがキリストにあって自分を愛して隣人を愛すれば、本当に価値のある宝のような人生を生きることができるようになります。聖書には『あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい』(レビ記19:18)と記されています。神様の恵みの中で、自分を愛して隣人を愛する真の愛は、私たちの人生を最も高価にさせる永遠の宝なのです。

◎聖書研究
1.どうすれば、私たちは偉大な夢を見ることができるでしょうか?(勉強する内容)
2.私たちの永遠の宝の中の宝は、何でしょうか?(勉強する内容)

◎交わりと適用
1.神様が各自に与えた宝は何であり、どのように用いているのか、お互いに話してみましょう。
2.あなたは、自分自身を正しく愛していますか?